過敏性腸症候群

腸内の善玉菌と悪玉菌

人の町内にはたくさんの菌が存在しています。
数でいうと、100兆個ほどと言われています。
その中には、お腹にいい働きをしてくれる善玉菌があります。

善玉菌は腸内を酸性にしてくれます。
そして有害な菌を倒してくれるのです。
これにより、悪玉菌を抑えることが可能になります。

実際にどんな菌があるかというと、腸球菌、ビフィズス菌、乳酸菌などです。
この上で、摂取するとよいのが、牛乳を発酵させるとできる乳酸菌です。
とりわけヨーグルトが良いです。

大体の菌が胃の中で死んでしまうのですが、ヨーグルトの場合、ちゃんと腸までこの善玉菌を届けてくれます。
ですから、確実に腸内をきれいにしてくれるのです。
この反対で増えるとやっかいなのが、悪玉菌です。

発ガン物質や毒素を作り出します。
酸性にする逆の作用、アルカリ性にするように働きかけます。
これにより、体の抵抗力が弱まり、下痢や便秘の原因にもなります。

大腸菌、ブドウ球菌などがあります。
腸内にはたくさんの菌がありますが、私たちが必要とするのは善玉菌です。
善玉菌をどんどん増やして腸を元気にすることができます。
そのために乳酸菌がたくさん含まれるものを食べることができます。
1日一個のヨーグルトで十分です。

このページの先頭へ