過敏性腸症候群

風邪の時こそ乳酸菌を食そう。

風邪の時のお見舞いの相場といえば、ヨーグルトと果物です。
ではどうして昔から風邪の時にヨーグルトなのでしょうか。
お腹を冷やしてしまう感じがしますよね。

実は全くその逆です。
乳酸菌を多く含むヨーグルトを風邪の時に食べることは非常に身体に良いのです。
まず、腸内が綺麗になるので、毒が体外に出されます。

腸内が元気になることは、体全体に影響を及ぼすのです。
そして、乳酸菌は体の免疫力をあげます。
風邪になる原因はウィルスに抵抗力がないので、負けてしまい風邪をひくというものです。

ですから免疫力を上げることでウィルスに打ち勝つことができるのです。
この故に、ヨーグルトを風邪の時に摂取するのが魅力的であると言われています。
また、最近はビタミン入のものも発売されています。

こういったものを風邪の時に摂取すれば、免疫が上がることに加えて、必要な栄養素を摂取することができます。
ビタミンは組織の生成に欠かせません。
ですから、毎日こういったヨーグルトを食べるなら、風邪に負けない体を作ることも可能です。

少し最近疲れが溜まっている、こういったときはウィルスにやられてしまいます。
そういった時は、乳酸菌を摂取して対応しましょう。
それが、次に風邪をひかないための秘訣です。

このページの先頭へ