過敏性腸症候群

乳酸菌とプロバイオティクス

プロバイオティクスとは、体に良い働きをしてくれる細菌を指します。
条件としては、腸まできちんと届くこと、腸内でしっかりと増殖すること、悪玉菌を退治してくれること、安全性が高いこと、簡単に摂取できることなどです。
これをクリアーして初めて、プロバイオティクスとなるわけです。

乳酸菌はプロバイオティクスの一つです。
体に良い菌をたくさん作る事で、健康を維持するという考え方の元に成り立っています。
乳酸によって、腸内は酸性に保たれます。

それによって、悪玉菌が退治され、善玉菌が増え広がります。
そうすると、腸の機能が活性化されます。
それが便通をよくしてくれて、便秘の人をすくいますし、下痢の人も助けることができるのです。

これはプロバイオティクスが生きた状態で腸にとどき、悪玉菌と戦ってくれるのでもたらされる益となるわけです。
基本的に酸に弱いのが特徴になってしまっていますが、それでも種類によっては酸に打ち勝つものもあるので、そういったものを積極的に取り入れる必要があります。
また、商品を購入するときも、酸に強いか、腸まで生きて届くのかを確認することが大切です。
乳酸菌はプロバイオティクスです。
良い菌を増やし、健康維持を助けてくれます。

このページの先頭へ