過敏性腸症候群

おなかの調子を整える乳酸菌

乳酸菌は1000種類を越す腸の中の菌の中で私たちにプラスとなる働きをしてくれる善玉菌の一種です。
牛乳を発酵させることで発生するのですが、これがヨーグルトなどに多く含まれています。
乳酸菌の働きのひとつが、おなかの調子を整えてくれるという点です。

お腹を壊しやすい人は何かを食べるとすぐに反応してしまいます。
ですからいつでもトイレを意識していないといけません。
どこか遊びに行く時もまずはトイレの位置をチェックする必要があるのです。

そうなると、楽しむにも楽しみきれません。
そこで、乳酸菌を積極的に摂取できます。
当然摂りすぎもよくないので、毎日少しの量を摂り続けることができますが、これにより、善玉菌を増やし、悪玉菌を退治してくれます。

悪玉菌は下痢を促したり、本当に面倒なことばかりしてきます。
これを防ぐには善玉菌を増やすしかないのです。
ですから、お腹の弱い人は善玉菌の入ったものを取り入れなければいけません。
とりわけ善玉菌の中でも、ビフィズス菌や、アシドフィルス菌は、腸内まで届き、食物繊維のような働きもしてくれます。
ですから逆に便秘がちな人も、この乳酸菌をたくさん摂取することで、お腹の調子を整えることができるのです。

このページの先頭へ