過敏性腸症候群

人間の最適な善玉菌量は?

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しています。
善玉菌は体を酸性に傾けてくれる非常に大切な働きをしてくれます。
悪玉菌を減らす上で、この善玉菌の活躍がかかせません。

悪玉菌は下痢などを引き起こし、体をアルカリ性に傾けます。
では、腸内で、悪玉菌と善玉菌の割合はどれくらいが理想的なのでしょうか。
バランスで見たときに、理想的なのが、善玉菌20の悪玉菌10です。

のこりの70はと思うかもしれませんが、これは他の日和見菌が占めます。
日和見菌に関してはまだ少しわからない点があります。
しかし、善玉20、悪玉10が魅力的な割合です。

これを保つなら、健康になれます。
腸内には1000種類以上もの菌がいて、善玉にも他の菌と出会うと悪玉になってしまったりするものもあります。
その菌の性質によって異なるのです。

これも面白い点ですが、これらの理由から、しっかりと善玉菌を増やすことが求められるのです。
善玉菌にはビフィズス菌、乳酸菌があります。
ビフィズス菌や乳酸菌は、ヤクルトや、ヨーグルト、チーズなどに多く含まれます。

これらは非常に良い働きをしてくれ、わるいものを出してくれます。
それにより、体が健康を保つ事ができるのです。
ビフィズス菌や乳酸菌といった腸内の善玉菌の量を安定させる事により、健康を保てるというわけですね。

このページの先頭へ