過敏性腸症候群

寒い冬の肌荒れにも効果!

寒い冬に気になるのが肌荒れです。
肌荒れをなんとかするために、高い化粧品や保湿クリームでなんとか乗り切ろうと頑張ります。
やはり、冬は肌の敵です。

乾燥の仕方が尋常ではないからです。
では、どうやって乗り切る事ができるのでしょうか。
一般的には上に挙げたように、とにかく上から潤いを与えるパターンがほとんどです。

これも分かります。
カサカサしている部分に潤いを、油を足そうという考え方です。
しかし、それにも限界があります。

結局、肌も、体の取り入れるものを糧にします。
ですからいかに肌にいいものを取り入れるかがポイントになってきます。
その中でも乳酸菌が魅力的です。

肌荒れに乳酸菌と思われるかもしれませんが、実は非常に効果的です。
善玉菌と悪玉菌が腸内にはあります。
善玉菌が少なくなると、毒素が発生します。

その毒素が行き場がなくなると、栄養とともに体全体に送られます。
それが、肌荒れの原因ともなっているのです。
つまり、いかにこの毒素を減らすか、善玉菌を増やし、悪玉菌を退治するかが大切になります。

そこで、乳酸菌というわけです。
この点のバランスをとる面で乳酸菌に勝るものはありません。
乳酸菌を摂取すするなら、寒い冬も怖くありません。

このページの先頭へ