過敏性腸症候群

牛乳と乳酸菌の深い関係

牛乳はカルシウムの摂取に不可欠で、昔から多くの人に愛されてきました。
とりわけ子供たちの成長にカルシウムが欠かせません。
その牛乳はそのまま飲んでもおいしく、栄養が豊富ですが、それを発酵させることで更なる効果を期待できるのです。

それが乳酸菌の力です。
乳酸菌とは腸の中にある菌の一種ですが、乳製品を発酵させることで発生します。
例えば、ヨーグルト、チーズなどです。

この乳酸菌は善玉でで、腸の中の雑菌や、有害な菌をしっかりと退治してくれます。
私たちの体には欠かせない働きをするのです。
腸の中だけではなく、体の免疫力を高めたり、アレルギーにも効果的であることがわかってきています。

ですから、多くの人が春は、花粉に悩まされていると思います。
どんな対策を講じたとしても、花粉症を持っている人はなかなかあの苦しさから逃れることができません。
乳酸菌は花粉症にも効果的です。

毎日少しずつでも摂取することで春が怖くなくなります。
牛乳を発酵させることで発生する乳酸菌、それで食物を美味しくし、保存しやすくさせるだけではなく、善玉菌で腸内をきれいにしてくれます。
またアレルギーや花粉症にも効く非常に効果的な菌なのです。
意識的に摂取するべきものです。

このページの先頭へ