過敏性腸症候群

乳酸菌は体内でどんな経路をたどるの?

乳酸菌が腸で非常に効果的な働きをしてくれることが分かっています。
とりわけ便秘の人にはてきめんです。
長年苦しんでいた人も摂取して2、3日でその問題が嘘のように解決した人もいます。

下痢の人も一緒です。
腸内で菌がしっかりとはたらくことでお腹は快調になります。
では腸にたどり着くまでに、私たちが摂取した乳酸菌はどんな経路をたどるのでしょうか。

まず、タイプは二つです。
一つは、胃の酸に負けてしまい死んでしまうものです。
これに関しては酸に弱い特徴があるので仕方のないことです。
しかし、面白いのは犬死しません。

なんとか排出されるまでに多くの悪玉菌を道連れにするよう頑張るのです。
ですから、とにかく乳酸菌を摂取するのは効果があると言えます。
もう一つは、生きたまましっかりと腸に届き、バッサバッサと悪玉を倒してくれます。

しかも腸まで届くと、今ある菌を活気づけてくれる働きもあります。
ですから、やはり腸までたどり着くのが体にとっては魅力的であると言えるのです。
このように乳酸菌は体内で冒険します。
しかし、大体が定住することなく排出されるのが多いです。
ですから、乳酸菌は毎日少しずつ摂取するのが一番効果的であるということができます。

このページの先頭へ