過敏性腸症候群

乳酸菌は体内でどこにたどり着くか

美味しいヨーグルトを食べながら期待するのが、乳酸菌がしっかりと働いてくれることです。
しかし、ここで疑問が浮かびます。
乳酸菌が体に入ってからどうなることで力を発揮してくれるかという点です。

まず乳酸菌を摂取した時に残念ながらほとんどの乳酸菌はそのまま排出されてしまいます。
流動的なのです。
しかし、その経路に注目できます。

まず、乳酸菌は酸に弱いため、胃にはなんとかたどり着けても強烈な胃酸に殺されて排出という道を辿ります。
乳酸菌が男前なのは、死ぬときに一人では死にません。
できるだけ悪玉菌を連れて行こうとします。

これも感謝できる点です。
そしてなんとか胃酸をくぐり抜けた乳酸菌に関してはほとんどが無事に腸内にたどり着きます。
ここで腸をきれいにするようにはたらきかけてくれます。
方法は、まず今いる菌を元気にしてくれます。

善玉菌を増やし、活発にするのです。
これだけでも相当な効果があるのですが、菌事態も悪玉菌を減らすように働きかけます。
ですから、ダブルの効果を期待することができるのです。

そして働きかけてそのまま排出されていきます。
まずとどまることは少ないです。
ですから、乳酸菌は摂取し続ける事が大きなポイントになります。

このページの先頭へ