過敏性腸症候群

いま注目の乳酸菌のシロタ株

子供の頃から愛され続けてきたヤクルトですが、そのヤクルトが目をつけたのがシロタ株です。
シロタ株?と感じられるかもしれませんが、これは人の名前から取られています。
乳酸菌が体に非常に良い働きをしてくれることを理解していたので、城田博士はどうすれば乳酸菌の弱点である酸に負けるという問題を克服できるかを考えました。

そして乳酸菌をパワーアップさせることに成功したのです。
それこそがシロタ株です。
ですから、乳酸菌も種類があるというわけです。

普通の乳酸菌は酸に弱いので、腸に到達する前に胃の時点で死んでしまいます。
腸まで行かないと力を存分に発揮できません。
シロタ株であればそれができ、更に、ビフィズス菌に対する働きかけも非常に強いことが分かっています。

一般の乳酸菌でも良いのですが、働く力が違うのです。
どんどん善玉菌を増やし、悪玉菌を処分していきます。
それで理想的な割合とされる2:1を保つことができます。

それだけではありません。
普通の乳酸菌に比べ、有害物質の生成を阻む力が強いので免疫力を向上させるという面でも非常に活躍を期待できます。
ヤクルトは乳酸菌の良さにいち早く目をつけ、しかもどうやったらより効果的に体に働きかけれるかを導き出しています。
健康のために摂取できます。

このページの先頭へ